麓からは見えない頂上

ライトゲーマーがひとりごつだけ。

トップ&構築記事リンク

はじめまして、ロクと申します。

ジュカイン好きのポケモンオタクで、他に好きなゲームはダークソウル、ハースストーン、シャドウバースなどです。山にも登ったりします。

 

このブログではその辺のゲームについてなんやかんや書いていこうかなと思っています。浪人中なのであんまりゲームできませんが。

 

ちなみに僕は文章を書くのは好きですが得意ではありません。構築記事については簡潔に纏められるよう努力するので、それだけでも読んでいただければ嬉しいです。

 

以下構築記事リンク(順次追加予定)

追加できるといいなあ(遠い目)

ブログタイトル

くさいブログタイトルについての弁明です。

タイトルには登山の時にいつも思うことを入れてみました。麓の方から本当の頂上はなかなか見えないんですよね。登ってる時に「お、もうすぐ頂上やん」なんて思うとだいたいフェイク。少しだけ傾斜が緩やかになってまた登りが続いたりします。こんなことが1つの山で2、3回はある。
まあ「上には上がある(いる)」「辿り着いてもいない頂上を見て慢心してはいけない」みたいなニュアンスを込めたと思っていただければ。
 
というのは9割くらい建前で、なんか山関係のタイトル付けたいと思ってた時、僕のハンドルネームの「ロク」と「麓」をかけられることに気付いたのでそれっぽいのを適当に考えました。これ思いついた時は正直天才だと思いましたね。

ハイブリッドハンター

f:id:roku_692:20170602230731p:imagef:id:roku_692:20170602230749p:imagef:id:roku_692:20170602230802p:imagef:id:roku_692:20170602230811p:image

 

今月もギリギリでレジェンドに滑り込めました☺️

海賊セットとダイアウルフを積んでかなりアグロに寄せた形です。

 

この形を取ったのは、進化シャーマンやアグドル、マロパラ、ハンターミラーあたりとの対戦で最序盤の小競り合いに強くするためです。

特に武器破壊が強かった。

 

カニで自分のパッチーズを食べることもそこそこありました。

 

コントロール系に対しても早い段階からライフにプレッシャーをかけていけるのがよかったです。

 

2/2/3や1/1/3が多い環境なので、イーグルホーンボウは2枚必須だと思います。

 

あと思いつくところ

  • 迷ったらフェイス
  • カニと海賊を出す順序はちゃんと考える。どちらも一長一短。
  • 対コントロールでは、ハイエナを育てながらレイザーモーで選択不能を付けることを狙っていく。
  • 対プリでは、お婆ちゃんと鼠軍団は狂気ポーションを見るまでなるべく出さない。
  • 迷ったらフェイス

 

こんな感じですかね。

 

リロイを持ってたらハイメとサイを抜いて秘策フレア追跡術あたりから選んで完全にアグロにするのも強いかと思います。

 

ミッドレンジハンター

f:id:roku_692:20170430032009p:image

f:id:roku_692:20170430032021p:image

f:id:roku_692:20170430032050p:image

 

ようやくレジェンド達成したので自慢記事です。無課金でも楽しめるハースストーンサイコー。

 

 

使ったのは珍しくもない普通のミッドレンジハンター。安い、簡単、速い、強い。

 

2種のカニはそれぞれ素出ししても強いスタッツかつ獣なので2積みしてます。汎用性の担保されたメタカードは強いですね。

腐肉食いのハイエナ絡みでバーストが出しやすくなるので、ツンドラサイも2積み。

ハンターミラーや対アグロドルイドで弱い気がするのでヒドラは入れてません。

ランク5までは動物大行進とロック鳥を採用したsjow型を使っていたのですが、クエストウォリアーや発見メイジ、クエストローグ等に早い段階で決着を付けたかったため、より前傾したカードと入れ替えていきました。

 

トークンとバフで(ハンターのくせに)ボードを取ることもできるだけに、フェイスかトレードかの判断が難しかったです。

 

 

ウンゴロ環境はどのヒーローも活躍できるのが楽しいですね。マッチングの偏りもあるのかもしれませんが、刻一刻とメタが移り変わっていくような気がします。

アグロ秘術ver.2

f:id:roku_692:20170416214321p:image

改良したらかなりいい感じになりました。本当は細かく改良してたけど、覚えてないのでこれがver.2。

 

まだ30戦もしてないのでアレですが、今のところ勝率は65%くらいです。

 

ネクロはもちろん、ランプドラゴン(アイラ)やイージスビショ(教会の守り手)にも腐らないので、代償は入れ得の感があります。

 

あとデモストは雑に強かった。

 

変異の雷撃は強い場面がたまにあったものの、基本的には弱かったです。

 

 

巨兵の処理の仕方(され方)メモ

 

大きく分けると

①ランダム除去

②全体除去

③必殺

の3つ。(たぶん)

 

リーダーごとのコーナー。()つきはそれだけじゃ微妙なやつ。+で進化フォロワーぶつけてどうにかとかそんなん。

見かけないカードは入れません。

エルフ:(意思)、(リノ)

ロイヤル:暗殺者

ウィッチ:(チェイン)

ドラゴン:3/2/2必殺、サハ+なんか、バハ

ヴァンパイア:

ネクロ:2/1/2、ネクロアサシン、カムラ

ビショ:神魔裁判所、テミス

 

あとはまあデカいフォロワーでぶん殴るとか、守護で誤魔化すとか。

抜けがあったら教えてください。

アグロ秘術

f:id:roku_692:20170402234857p:image

 

一昨日のミッドレンジ型だとランプドラゴンに必敗レベルだったので、さらに前傾させたデッキです。

 

具体的な変更点は

OUT:炎熱3、初級錬金実験3、レミラミ3、アンリエット2、竜識3

IN:ゴブリン3、レヴィ1、夜の魔術師3、ルーン3、舞踏2、変異の雷撃2

です。

 

前のはボードを取ることをかなり意識したデッキでしたが、今回は相手のライフを詰めていくことを意識してます。

 

ゴブリンは1コスに恵まれないリーダーが仕方なく入れるカード、というイメージがあってあまり好きでは無かったのですが、入れたらかなり働いてくれました。先1で出してプレッシャーかけたり、余ったコストで適当に出したり。

 

ゴブリンやルーンを採用するとめちゃくちゃ手札消費が激しくなりますが、メルヴィで大量ドロー出来るのでそんなに困りません。

メルヴィは自身のスタッツが良いのも長所ですね。

 

夜の魔術師は、基本的には印使って顔に4点入れるカードとして扱うのですが、上手くいくと相手のグリームニルに有利交換出来るのが非常に優秀です。

 

変異の雷撃は相手の大型守護を燃えネズミにしつつこちらのフォロワーの打点を通せると強力。特に対オーレリアで輝きます。ウロボロスにも使いました。ここは要検討。

 

相手が1点を出せる時のクラフトウォーロックがどうしようもなく弱いので変えたいのですが、2コスフォロワーかつ印という貴重な存在なのでなかなか抜けない状態です。

 

あとこっちのデッキだと巨兵は6/6/6で出すことが多いです。それでも十分強い。

 

そんな感じで。使ってみてください。

 

 

アグロ秘術ver.2 - 麓からは見えない頂上

秘術ビート

※最初のレシピからちょっとだけいじって、レヴィ1アンリエット1out、レミラミ1竜識1inしました。

f:id:roku_692:20170331233627p:image

まだまだ調整するけどとりあえずの紹介。

みんなおもちゃ使ってワイワイやってるので対抗しておもちゃ。

 

ヴァンプやネクロ、ドラゴンが新たに獲得した化け物パワーカード群に対して、コントロール型の秘術では右手を光らせないとどうしようもなさそう(さらにイージスでオワオワリ)なので、ビートダウン型の秘術を組んでみた。秘術への追加カードから見ると、運営にこういうタイプのデッキを作れって言われてるのは明らかだしね。

 

使ってみて気付いたのは、幻惑の奇術師がぼちぼち強いこと。特に、先手で1tくず鉄→2t奇術師って動けると、3ターン目に相手の2/2/2を処理した上で0/2、2/2、3コスの何か、といった盤面を作れる。中盤以降も(気休め程度だけど)AOE耐性になるのが良き。

 

そしてやっぱり魔導の巨兵が強い。適当にカード切っていって5tメルヴィで大量ドロー→6tデカい魔導の巨兵→7tアンリエットで巨兵に2回殴らせる、という動きが決まった時の気持ち良さは格別。ビートダウンとしては、触れない6/6/6ってだけでも十分強い。

 

あとはレヴィ除いても天輪、竜識、eグリームニルと、手札から出る打点がそこそこ豊富なのもお気に入りポイント。

 

書いてて気付いたけど、8コス使って顔への5点として竜識を使うなら、ギルガメッシュ入れておけばいい説がある???

 

代替カード候補はルーンと舞踏かな。秘術新カードの3/3/2は盤面に貢献しづらいので少し使いにくかった。ルーンは上手く使えなかった。舞踏はまだ試してない。

 

そんな感じで終わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつか大学受かってたんですが、第一志望目指して浪人することにしました。

メンヘラ気味の時にポエム記事書くかもしれません。