読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麓からは見えない頂上

ライトゲーマーがひとりごつだけ。

アグロ秘術

f:id:roku_692:20170402234857p:image

 

一昨日のミッドレンジ型だとランプドラゴンに必敗レベルだったので、さらに前傾させたデッキです。

 

具体的な変更点は

OUT:炎熱3、初級錬金実験3、レミラミ3、アンリエット2、竜識3

IN:ゴブリン3、レヴィ1、夜の魔術師3、ルーン3、舞踏2、変異の雷撃2

です。

 

前のはボードを取ることをかなり意識したデッキでしたが、今回は相手のライフを詰めていくことを意識してます。

 

ゴブリンは1コスに恵まれないリーダーが仕方なく入れるカード、というイメージがあってあまり好きでは無かったのですが、入れたらかなり働いてくれました。先1で出してプレッシャーかけたり、余ったコストで適当に出したり。

 

ゴブリンやルーンを採用するとめちゃくちゃ手札消費が激しくなりますが、メルヴィで大量ドロー出来るのでそんなに困りません。

メルヴィは自身のスタッツが良いのも長所ですね。

 

夜の魔術師は、基本的には印使って顔に4点入れるカードとして扱うのですが、上手くいくと相手のグリームニルに有利交換出来るのが非常に優秀です。

 

変異の雷撃は相手の大型守護を燃えネズミにしつつこちらのフォロワーの打点を通せると強力。特に対オーレリアで輝きます。ウロボロスにも使いました。ここは要検討。

 

相手が1点を出せる時のクラフトウォーロックがどうしようもなく弱いので変えたいのですが、2コスフォロワーかつ印という貴重な存在なのでなかなか抜けない状態です。

 

あとこっちのデッキだと巨兵は6/6/6で出すことが多いです。それでも十分強い。

 

そんな感じで。使ってみてください。

 

 

アグロ秘術ver.2 - 麓からは見えない頂上